百武家(百武三郎・百武源吾の家系図・子孫)

◆百武庭蔵
  父:
  母:
  妻:
    長男:
    二男:
    三男:百武三郎
    四男:
    五男:百武源吾
    六男:百武晴吉
    女:百武テル(山口、牛尾秀男の妻、牛尾瀧蔵)
    女:百武モト(佐賀市長 横尾敬義の妻)


◆百武三郎
 1872年 誕生
 海軍兵学校卒業(19期)
 1917年 海軍少将
 1917年 第2艦隊参謀長
 1918年 佐世保鎮守府参謀長
 1919年 教育本部第2部長
 1921年 海軍中将
 1921年 第3戦隊司令官
 1922年 鎮海要港部司令官
 1923年 舞鶴要港部司令官
 1924年 練習艦隊司令官
 1925年 佐世保鎮守府長官
 1926年 軍事参議官
 1928年 海軍大将
 1936年 侍従長(-1944年)
 1944年 枢密顧問官
 1963年 死去
  父:百武庭蔵
  母:
  妻:李家マチ(山口、李家頼蔵の長女、李家ユキの姉)
    長男:百武伸安
    長女:百武幸子(海軍中将 金子繁治の妻)

◆百武伸安
 1914年 誕生
  父:百武三郎
  母:李家マチ(山口、李家頼蔵の長女、李家ユキの姉)
  妻:白根良子(貴族院議員 白根竹介の三女)


◆百武源吾
 1882年 誕生
 海軍兵学校卒業(30期)
 1925年 海軍少将
 1925年 国連海軍代表
 1926年 海軍大学校教頭
 1927年 軍令部第1班長
 1929年 第5戦隊司令官
 1930年 海軍中将
 1930年 軍令部出仕
 1931年 軍令部次長
 1932年 海軍大学校長
 1932年 練習艦隊司令官
 1934年 第3艦隊司令官
 1935年 佐世保鎮守府長官
 1936年 艦政本部長
 1936年 横須賀鎮守府長官
 1937年 海軍大将
 1938年 軍事参議官
 九州帝国大学総長
 1976年 死去
  父:百武庭蔵
  母:
  妻:横山澄(海軍少将 横山正恭の長女)
    長女:百武多美(秋田、石川鉄三郎の妻)
    二女:百武喜代(東和醸造常務 高岸勝一郎の妻)
    三女:百武淳(富山、熊谷三郎の妻)
    四女:百武綾(新潟、飯田茂次の妻)
    五女:百武俊(鹿児島、池田遷一の妻)
    六女:
    七女:百武多摩
    女:百武恒子


◆百武晴吉
 1888年 誕生
 陸軍士官学校卒業(21期)
 1936年 広島幼年学校長
 1937年 陸軍少将
 1937年 通信学校長
 1939年 独立混成第4旅団長
 1939年 陸軍中将
 1940年 第18師団長
 1941年 通信兵監
 1942年 第17軍司令官
 1945年 第8方面軍附
 1947年 死去
  父:百武庭蔵
  母:
  妻:直井楓(直井俊男の姉)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 19版
 日本官僚制総合事典
 日本陸海軍人名辞典

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました