萩原家(京都府)

◆萩原員光
 1821年 誕生
 1884年 子爵
 1902年 死去
  父:
  母:
  妻:
    長男:萩原員種
    男:萩原員拾
    女:萩原為子(子爵 河鰭公篤の妻)
    女:萩原昭子(子爵 三室戸敬光の妻)
  妾:山田吉子(京都、山田宣孝の長女)


◆萩原員種
 1850年 誕生
 1902年 子爵襲爵
 1916年 死去
  父:萩原員光
  母:
  妻:
  妾:中邑喜久尾
    庶子:萩原員振
    庶子:萩原員崇
    庶子:萩原種子(東京、山本好造の妻)
    庶子:萩原敏子(福岡、菅野正雄の妻)
    庶子:萩原納子
    庶子:萩原順子
  妾:
    庶子:萩原助子(福井、伊佐寿の妻、★樺太庁長官 今村武志の妻)
  妾:青木茂子(京都、青木清助の三女)

    女:萩原顕子

◆萩原員振
 1902年 誕生
 1916年 子爵襲爵
 1937年 死去
  父:萩原員種
  母:喜久子
  妻:八田のぶ子(京都、八田清信の長女)
    長男:萩原兼武

◆萩原兼武
 1935年 誕生
 1937年 子爵襲爵
  父:萩原員振
  母:八田のぶ子(京都、八田清信の長女)


◆萩原員崇
 1909年 誕生
 王子製紙
  父:萩原員種
  母:中邑喜久尾



◆萩原員拾
 1886年 誕生
  父:萩原員光
  母:


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました