林家(ヒューマックス社長・林祥隆・林瑞祥・林光男の家系図)







◆林以文
  父:
  母:
  妻:歩運
    長男:林瑞祥
    男:林瑞禎
    男:林瑞峰
    男:林光男
    男:林光華
    男:林光輝

◆林瑞祥
 1935年 誕生
 1959年 恵通不動産取締役
 1962年 恵通商事取締役
 1962年 恵通企業副社長
 1967年 恵通企業社長
 1983年 ジョイパックレジャー会長
 1983年 ヒューマックスピクチャーズ会長
 1987年 ヒューマックス社長
 1991年 富士汽船会長
 1991年 ヒューマックスシネマ会長
 2001年 ワンダーテーブル会長
 ヒューマックスグループ会長
  父:林以文
  母:歩運
  妻:荒居マサエ(荒居萬次郎の長女)
    長男:林瑞隆
    二男:林祥裕

◆林祥隆
 1963年 誕生
 1986年 第一勧業銀行入校
 1992年 ヒューマックス入社
 1994年 富士汽船入社
 1997年 富士汽船常務
 1999年 富士汽船専務
 2000年 ワンダーテーブル専務
 2002年 ワンダーテーブル社長
 2003年 ヒュマックス取締役
  父:林瑞祥
  母:荒居マサエ(荒居萬次郎の長女)

◆林祥裕
 1969年 誕生
  父:林瑞祥
  母:荒居マサエ(荒居萬次郎の長女)


◆林瑞禎
 1937年 誕生
 1963年 恵通企業専務
 1976年 恵通企業副社長
 1987年 ヒューマックス副社長
 1991年 富士汽船取締役
 1983年 ジョイパックエンタープライズ社長
 1995年 富士汽船監査役
 2000年 ワンダーテーブル監査役
 2003年クレディックス社長
 ヒューマックスエステート社長
  父:林以文
  母:歩運
  妻:伊藤由美子(厚木自動車部品常務 伊藤俊夫の二女)
    長男:林史文
    二男:林貴史
    三男:林寛史
    長女:林由紀恵

◆林史文
 1976年 誕生
  父:林瑞禎
  母:伊藤由美子(厚木自動車部品常務 伊藤俊夫の二女)

◆林貴史
 1981年 誕生
  父:林瑞禎
  母:伊藤由美子(厚木自動車部品常務 伊藤俊夫の二女)

◆林寛史
 1986年 誕生
  父:林瑞禎
  母:伊藤由美子(厚木自動車部品常務 伊藤俊夫の二女)


◆林瑞峰
 1941年 誕生
 1966年 恵通企業常務
 1975年 ジョイパックフィルム社長
 1976年 恵通企業副社長
 1987年 ヒューマックス副社長
 1989年 ヒューマックスピクチャーズ社長
 1994年 富士汽船取締役
 1995年 ヒューマックステクノロジー社長
 1997年 ヒューマックスコミュニケーションズ社長
 2000年 ワンダーテーブル取締役
  父:林以文
  母:歩運
  妻:牛久保真澄(牛久保稔の二女)
    長男:林貴朝
    長女:林真帆

◆林貴朝
 1969年 誕生
  父:林瑞峰
  母:牛久保真澄(牛久保稔の二女)


◆林光男
 1943年 誕生
 1967年 恵通企業取締役
 1972年 ジョイパックレジャー社長
 1976年 恵通企業副社長
 1979年 ジョイパックアミューズメント社長
 1987年 ヒューマックス副社長
 1994年 富士汽船監査役
 1995年 富士汽船取締役
 2000年 ワンダーテーブル取締役
  父:林以文
  母:歩運
  妻:加山茶理(加山博康の二女)
    長男:林大統
    長女:林美希
    二女:林美里
    三女:林美佐

◆林大統
 1977年 誕生
  父:林光男
  母:加山茶理(加山博康の二女)


◆林光華
 1946年 誕生
  父:林以文
  母:歩運


◆林光輝
 1953年 誕生
 1990年 三条東病院院長
 1997年 三条東病院理事長
 1998年 紀尾井町クリニック院長
 2004年 紀尾井町クリニック理事長
  父:林以文
  母:歩運


 人事興信録 28版
 人事興信録 37版
 人事興信録 42版
 日本紳士録 80版

▼おすすめ家系図
天皇家(孝明天皇・明治天皇・昭和天皇の家系図)
岸田家(岸田文雄・岸田正記・岸田文武の家系図)
岩崎家(三菱財閥・岩崎弥太郎・岩崎透の子孫・家系図)
東條家(東條英機・東條輝雄・東條英隆の家系図・子孫)
松下家(松下幸之助・松下正幸・松下正治の家系図)
鳥井家(サントリー・鳥井信治郎・鳥井信宏の家系図)
大塚家(大塚製薬社長・大塚一郎・大塚武三郎の家系図)
竹中家(竹中工務店社長・竹中統一・竹中勇一郎の家系図)
冲永家(帝京大学理事長・冲永佳史・冲永荘一の家系図)▲
黒田家(日本銀行総裁・黒田東彦の家系図)

コメント

タイトルとURLをコピーしました