石井家(石井菊次郎の経歴・家系・子孫)▲

◆石井邦猷
 1885年 三重県令(-1886年)
 1886年 三重県知事(-1888年)
 1889年 元老院議官(-1890年)
  父:
  母:
  妻:
    養子:大和久菊次郎【石井菊次郎】(大和久亀太郎の弟)


◆大和久菊次郎【石井菊次郎】
 1866年 誕生
 1890年 外務省入省
 1904年 外務省通商局長(-1908年)
 1908年 外務次官(-1912年)
 1911年 男爵
 1912年 駐フランス特命全権大使
 1915年 外務大臣(-1916年)
 1916年 子爵
 1916年 貴族院議員(-1929年)
 1918年 駐アメリカ特命全権大使(-1919年)
 1920年 駐フランス特命全権大使(-1928年)
 1929年 枢密顧問官
 1945年 死去
  父:
  母:
  養父:石井邦猷
  養母:
  妻:樫村たま(東京、樫村清徳の娘、★樫村正五の妹)
    長男:石井太郎
    二男:
    三男:石井建次
    長女:石井美さを(神奈川、山崎馨一の妻)
    二女:石井かよ(★外務省 矢野真の妻)
    三女:石井きよ(★外務省 久保田貫一郎の妻)
    四女:石井みつ

◆石井太郎
 1906年 誕生
  父:大和久菊次郎【石井菊次郎】
  母:樫村たま(東京、樫村清徳の娘、★樫村正五の妹)
  妻:手島こう(★中部電力常務 手島鍬司の二女)


◆石井建次
 1909年 誕生
  父:大和久菊次郎【石井菊次郎】
  母:樫村たま(東京、樫村清徳の娘、★樫村正五の妹)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です