尾崎家(尾崎行雄・尾崎行輝の子孫・家系図)

◆尾崎行正
 1838年 誕生
  父:
  母:
  妻:
    長男:尾崎行雄
    男:尾崎行隆
    男:尾崎行昌
    女:尾崎千代(天野康三の妻、神奈川、天野藤三郎)
    女:尾崎はる(三重、中出貞八の妻)


◆尾崎行雄
 1858年 誕生
 1879年 新潟新聞主筆
 1881年 統計院権少書記官(-1881年)
 1882年 報知新聞社入社
 1885年 東京府会議員(-1887年)
 1887年 朝野新聞社(-1890年)
 1890年 衆議院議員(-1953年)
 1898年 文部大臣(-1898年)
 1903年 東京市長(-1912年)
 1914年 司法大臣(-1916年)
 1942年 逮捕(不敬罪)
 1942年 有罪判決
 1944年 無罪判決
 1948年 世界連邦建設連盟会長
 1953年 衆議院名誉議員
 1954年 死去
  父:尾崎行正
  母:
  妻:尾崎英(男爵 尾崎三良の娘)
    長男:
    二男:
    三男:
    四男:尾崎行輝
    長女:尾崎清香(衆議院議員 佐々木久二の妻)
    二女:尾崎シナエイユセニア
    三女:尾崎雪香(子爵 相馬恵胤の妻)
    養子:浅見たま【尾崎たま】(東京、浅見萬吉の三女、広島、河野元次の妻、河野唯助)

◆尾崎行輝
 1888年 誕生
 1947年 参議院議員(-1953年)
 1951年 日本航空取締役
 1964年 死去
  父:尾崎行雄
  母:尾崎英(男爵 尾崎三良の娘)
  妻:野井節子(日州新聞社長 野井唯吉の娘)


◆尾崎行隆
 1865年 誕生
  父:尾崎行正
  母:


◆尾崎行昌
 1875年 誕生
  父:尾崎行正
  母:


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 19版
 日本近現代人物履歴事典
 新訂 政治家人名事典(明治〜昭和)

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました