鈴木家(鈴木貫太郎・鈴木孝雄の子孫・家系図)







◆鈴木由哲
 1934年 誕生
  父:
  母:
  妻:小野寺きよ(栃木、小野寺治郎の三女)
    長男:鈴木貫太郎
    二男:鈴木孝雄
    三男:鈴木三郎
    男:鈴木茂【永田茂】(滋賀、永田栄次郎の養子、永田栄與)
    女:鈴木けい(海軍大尉 永田廉平の妻)
    女:鈴木よし(東京、岡本塩太郎の妻)
    女:鈴木利根(特許局技師 三田釥吾の妻)
    養女:【鈴木君】(浅野物産常務 倉持正次郎の妻)

◆鈴木貫太郎
 1868年 誕生
 1887年 海軍兵学校卒業(14期)
 1898年 海軍大学校卒業
 1913年 海軍少将
 1913年 舞鶴水雷隊司令官
 1913年 第2艦隊司令長官
 1913年 舞鶴水雷隊司令官
 1913年 海軍省人事局長(-1914年)
 1914年 海軍次官(-1917年)
 1916年 海軍省軍務局長(-1916年)
 1917年 海軍中将
 1917年 練習艦隊司令官(-1918年)
 1918年 将官会議議員
 1918年 海軍兵学校長(-1920年)
 1920年 第2艦隊司令長官(-1921年)
 1921年 第3艦隊司令長官(-1922年)
 1922年 呉鎮守府司令長官(-1924年)
 1923年 海軍大将
 1924年 連合艦隊司令長官(-1924年)
 1924年 軍事参議官(-1925年)
 1925年 海軍軍令部長(-1929年)
 1929年 予備役
 1929年 侍従長(-1936年)
 1929年 枢密顧問官(-1936年)
 1935年 男爵
 1936年 枢密顧問官
 1936年 二・二六事件(重傷)
 1940年 枢密院副議長
 1944年 枢密院議長(-1945年)
 1945年 内閣総理大臣(-1945年)
 1945年 外務大臣(-1945年)
 1945年 大東亜大臣(-1945年)
 1945年 枢密院議長(-1946年)
 1948年 死去
  父:鈴木由哲
  母:小野寺きよ(小野寺治郎の三女)
  妻:大沼とよ(大沼の娘)
    長男:鈴木一
    長女:鈴木さかえ(陸軍大将 藤江恵輔の妻)
    二女:鈴木みつ子(台北帝国大学教授 足立仁の妻)
  妻:足立タカ(足立元太郎の長女)

◆鈴木一
 1901年 誕生
 1926年 農林省入省
 1944年 農商省山林局長(-1945年)
 1945年 内閣総理大臣秘書官(-1945年)
 1945年 宮内省内匠頭(-1945年)
 1945年 宮内省主馬頭
 1945年 宮内省主殿頭
 1947年 侍従次長(-1950年)
 1950年 出入国管理庁長官(-1951年)
 1951年 入国管理庁長官(-1952年)
 1952年 法務省入国管理局長(-1954年)
 1954年 日本中央競馬会副理事長(-1960年)
 1963年 日本馬術連盟会長
 1970年 東京穀物商品取引所理事長(-1983年)
 1983年 東京穀物商品取引所相談役
 1993年 死去
  父:鈴木貫太郎
  母:大沼とよ(大沼の娘)
  妻:赤須布美(赤須東吾の四女)
    長男:鈴木哲太郎
    長女:鈴木みち子

◆鈴木哲太郎
 1926年 誕生
 1948年 大蔵省入省
 1972年 通商産業省大臣官房審議官(-1974年)
 1974年 総合研究開発機構理事(-1979年)
 1982年 弁護士登録
  父:鈴木一
  母:赤須布美(赤須東吾の四女)
  妻:根岸ミキ(根岸耕司の三女)
    長女:鈴木真理絵(浜田化成社長 浜田憲一の妻)
    二女:鈴木由利




◆鈴木孝雄
 1869年 誕生
 1891年 陸軍士官学校卒業(2期)
 1917年 陸軍少将
 1917年 野戦砲兵第1旅団長
 1919年 野戦重砲兵第1旅団長
 1921年 陸軍中将
 1921年 陸軍士官学校長
 1922年 砲兵監
 1924年 第14師団長
 1924年 技術本部長
 1927年 陸軍大将
 1933年 予備役
 1938年 靖国神社宮司(-1946年)
 1942年 大日本青少年団長
 1952年 偕行社会長
 1964年 死去
  父:鈴木由哲
  母:小野寺きよ(小野寺治郎の三女)
  妻:立見もと(陸軍大将 立見尚文の五女)
    長男:鈴木武
    二男:鈴木英
    長女:
    二女:鈴木千鶴子(衆議院議員 始関伊平の妻)
    三女:鈴木夏子(磯村産業常務 小田村嘉穂の妻)
    四女:鈴木八重子(防衛庁 肥後大介の妻)

◆鈴木武
 1902年 誕生
 富士物産取締役
 船橋カントリー倶楽部社長
  父:鈴木孝雄
  母:立見もと(陸軍大将 立見尚文の五女)
  妻:坂部栄(京都、坂部淳一の長女)



◆鈴木英
 1908年 誕生
 1927年 海軍兵学校卒業
 1939年 海軍大学校卒業
 1953年 海上警備隊入隊
 1961年 海将
 1961年 自衛艦隊司令官(-1962年)
 1962年 幹部学校長
 1985年 死去
  父:鈴木孝雄
  母:立見もと(陸軍大将 立見尚文の五女)
  妻:岡田喜美子(内閣総理大臣 岡田啓介の三女)
    長男:鈴木昭英
    二男:鈴木護雄
    三男:鈴木哲雄
    四男:鈴木啓
    長女:鈴木令子(東亜燃料 梶本孝雄の妻)
    二女:鈴木歳子(三菱重工業 正木孝虎の妻)

◆鈴木昭英
 1935年 誕生
 小野田セメント
  父:鈴木英
  母:岡田喜美子(内閣総理大臣 岡田啓介の三女)
  妻:山梨郁子(埼玉大学教授 山梨進一の二女)
    長男:鈴木英憲
    長女:鈴木祐子

◆鈴木英憲
 1966年 誕生
  父:鈴木昭英
  母:山梨郁子(埼玉大学教授 山梨進一の二女)


◆鈴木護雄
 1942年 誕生
 石川島播磨重工業
  父:鈴木英
  母:岡田喜美子(内閣総理大臣 岡田啓介の三女)
  妻:北田篤子(聚楽 北田熊司の長女)


◆鈴木哲雄
 1947年 誕生
 日本電気
  父:鈴木英
  母:岡田喜美子(内閣総理大臣 岡田啓介の三女)


◆鈴木啓
 1948年 誕生
 三楽オーシャン
  父:鈴木英
  母:岡田喜美子(内閣総理大臣 岡田啓介の三女)




◆鈴木三郎
 1876年 誕生
 海軍主計大尉
 貞光電力社長
 1947年 死去
  父:鈴木由哲
  母:小野寺きよ(小野寺治郎の三女)
  妻:木下トネ(京都帝国大学総長 木下広次の娘)
    長男:鈴木平太
    二男:鈴木敏夫【岡本敏夫】(岡本よしの養子)
    三男:鈴木義雄
    長女:
    二女:鈴木須磨

◆鈴木平太
 1907年 誕生
  父:鈴木三郎
  母:木下トネ(京都帝国大学総長 木下広次の娘)

◆鈴木義雄
 1914年 誕生
 台湾拓殖
  父:鈴木三郎
  母:木下トネ(京都帝国大学総長 木下広次の娘)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 19版
 人事興信録 28版
 人事興信録 37版
 人事興信録 42版
 日本紳士録 80版
 現代物故者事典
 日本官僚制総合事典
 日本陸海軍総合事典
 日本陸海軍人名辞典
 日本近現代人物履歴事典
 平成新修旧華族家系大成
 明治大正人物事典
 昭和人物事典(戦前期)

▼関連家系図
東條家(東條英機・東條輝雄・東條英隆の家系図・子孫)
山本家(山本五十六・山本澄子の子孫・家系図)▲
阿南家(阿南惟幾・阿南惟茂・阿南惟正の子孫・家系図)
南雲家(南雲忠一・南雲明の子孫・家系図)
板垣家(板垣征四郎・板垣正の家系図・子孫)▲
米内家(米内光政・米内剛政の子孫・家系図)
児玉家(児玉源太郎・児玉秀雄の子孫・家系図)
東郷家(東郷平八郎・東郷彪の子孫・家系図)
海軍大将・歴代一覧
陸軍大将・歴代一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました