常松家(常松英吉の家系図・子孫)

◆常松貫夫
  父:
  母:
  妻
    養子:山村英吉【常松英吉】(岐阜、山村蕃蔵の二男)


◆山村英吉【常松英吉】
 1864年 誕生
 判事
 1907年 大審院判事
 1913年 函館控訴院検事長(-1918年)
 1918年 長崎控訴院検事長(-1920年)
 1920年 大阪控訴院検事長(-1923年)
  父:山村蕃蔵
  母:
  養父:常松貫夫
  養母:
  妻:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)
    長男:常松元
    二男:常松順介
    三男:常松三郎
    四男:常松登門雄
    五男:常松五蔵
    長女:常松久(志方博の妻)

◆常松元
 1891年 誕生
  父:山村英吉【常松英吉】
  母:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)
  妻:池辺ハルエ(大阪、池辺宗一の叔母)


◆常松順介
 1893年 誕生
  父:山村英吉【常松英吉】
  母:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)


◆常松三郎
 1897年 誕生
  父:山村英吉【常松英吉】
  母:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)


◆常松登門雄
 1900年 誕生
  父:山村英吉【常松英吉】
  母:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)


◆常松五蔵
 1901年 誕生
  父:山村英吉【常松英吉】
  母:福島きく(東京、福島徳太郎の妹)


 人事興信録 4版
 人事興信録 5版
 人事興信録 6版
 日本官僚制総合事典

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました