清水家(清水澄の家系図・子孫)

◆清水吉三郎
  父:
  母:
  妻:
    長男:清水澄
    二男:
    三男:清水幸次


◆清水澄
 1868年 誕生
 1894年 内務省入省(-1934年)
 1906年 行政裁判所評定官
 1906年 学習院教授(-1916年)
 1908年 枢密院書記官(-1922年)
 1926年 帝国学士院会員
 1932年 行政裁判所長官(-1934年)
 1934年 枢密顧問官
 1937年 帝国美術院長(-1937年)
 1937年 帝国芸術院長(-1947年)
 1944年 枢密院副議長(-1946年)
 1946年 枢密院議長(-1947年)
 1947年 公職追放
 1947年 死去
  父:清水吉三郎
  母:
  妻:三好タツ(貴族院議員 三好退蔵の長女)
    長男:清水虎雄
    二男:清水徳茂
    三男:清水重義

◆清水虎雄
 1902年 誕生
 1925年 内務省入省
  父:清水澄
  母:三好タツ(貴族院議員 三好退蔵の長女)
  妻:中橋重子(★貴族院議員 中橋徳五郎の四女)
    男:清水武彦

◆清水武彦
 1930年 誕生
  父:清水虎雄
  母:中橋重子(★貴族院議員 中橋徳五郎の四女)


◆清水徳茂
 1904年 誕生
  父:清水澄
  母:三好タツ(貴族院議員 三好退蔵の長女)


◆清水重義
 1905年 誕生
  父:清水澄
  母:三好タツ(貴族院議員 三好退蔵の長女)




◆清水幸次
 1888年 誕生
 1916年 朝鮮総督府鉄道局技師
  父:清水吉三郎
  母:
  妻:福田淑子(東京、福田●の姉)
    男:清水正賢
    女:清水浩子

◆清水正賢
 1919年 誕生
  父:清水幸次
  母:福田淑子(東京、福田●の姉)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です