塩野家(塩野季彦・塩野宜慶の子孫・家系図)

◆塩野宜健
 1883年 東京始審裁判所検事(-1884年)
  父:
  母:
  妻:
    養子:山寺季彦【塩野季彦】(山寺信炳の三男、山寺常山)


◆山寺季彦【塩野季彦】
 1880年 誕生
 1908年 検事
 1927年 東京地方裁判所検事正(-1930年)
 1930年 司法省行刑局長(-1934年)
 1934年 名古屋控訴院検事長(-1936年)
 1936年 大審院検事局次席(-1937年)
 1937年 司法大臣(-1939年)
 1939年 逓信大臣(-1939年)
 1945年 逮捕(A級戦犯)
 1946年 公職追放
 1949年 死去
  父:山寺信炳
  母:
  養父:塩野宜健
  養母:
  妻:本多定(本多成美の姉)
    長男:塩野宜慶
    二男:塩野宜徳
    長女:塩野時(厚生省 鈴木宗正の妻)
    二女:塩野寿嘉(企画院 斎藤三郎の妻)
    三女:塩野雪(川崎二郎の妻)

◆塩野宜慶
 1915年 誕生
 1975年 法務事務次官(-1977年)
 1977年 東京高等検察庁検事長(-1978年)
 1979年 最高裁判所判事(-1985年)
  父:山寺季彦【塩野季彦】
  母:本多定(本多成美の姉)
  妻:黒川房子(早稲田大学教授 黒川兼三郎の長女)


◆塩野宜徳
 1917年 誕生
  父:山寺季彦【塩野季彦】
  母:本多定(本多成美の姉)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 14版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました