金山家(金山季逸の家系図・子孫)

◆金山季逸
 1878年 誕生
 1925年 大阪地方裁判所検事正
 1930年 東京地方裁判所検事正(-1931年)
 1931年 長崎控訴院検事長(-1933年)
 1933年 大審院検事局次席検事(-1934年)
 1934年 司法次官(-1935年)
 1935年 東京控訴院検事長(-1937年)
 1937年 大阪控訴院検事長(-1941年)
  父:
  母:
  妻:勝田ヒテコ(五十二銀行取締役 勝田久敬の長女)
    長男:金山元
    二男:金山應外
    三男:金山真
    四男:金山尚逸
    長女:金山貞子(中島磐根の妻)
    二女:金山倶子(古賀俊郎の妻)
    三女:
    四女:金山清子


◆金山元
 1907年 誕生
  父:金山季逸
  母:勝田ヒテコ(五十二銀行取締役 勝田久敬の長女)
  妻:佐藤永美(貴族院議員 佐藤助九郎の六女)
    長女:金山恭子


◆金山應外
 1913年 誕生
  父:金山季逸
  母:勝田ヒテコ(五十二銀行取締役 勝田久敬の長女)


◆金山真
 1914年 誕生
  父:金山季逸
  母:勝田ヒテコ(五十二銀行取締役 勝田久敬の長女)


◆金山尚逸
 1928年 誕生
  父:金山季逸
  母:勝田ヒテコ(五十二銀行取締役 勝田久敬の長女)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です