倉富家(倉富勇三郎の経歴・家系・子孫)

◆倉富胤厚
  父:
  母:
  妻:
    長男:倉富恒二郎
    二男:倉富勇三郎


◆倉富恒二郎
  父:倉富胤厚
  母:
  妻:草野セキ(大分、草野忠右衛門の長女)
    長男:
    二男:倉富啓二郎【倉富啓】
    女:倉富ヨネ(福岡、三浦直次郎の妻)
    女:倉富ヒデ(福岡、岡野定義の妻)
    女:倉富ムメ(三浦義路の妻)

◆倉富啓二郎【倉富啓】
 1880年 誕生
 興産銀行専務
  父:倉富恒二郎
  母:草野セキ(大分、草野忠右衛門の長女)
  妻:岡野フミ(福岡、岡野健之丞の三女)
    長男:倉富龍郎
    長女:倉富サチ(児島善一郎の妻)
    二女:倉富アツ(大阪、奥村●次の妻)
    三女:倉富みな(光安●夫の妻)

◆倉富龍郎
 1904年 誕生
 九州特殊鋼取締役
  父:倉富啓二郎【倉富啓】
  母:岡野フミ(福岡、岡野健之丞の三女)
  妻:山本トシ(福岡、山本茂樹の長女)
    長男:倉富三郎
    長女:倉富香江子

◆倉富三郎
 1935年 誕生
  父:倉富龍郎
  母:山本トシ(福岡、山本茂樹の長女)




◆倉富勇三郎
 1853年 誕生
 1898年 司法省民刑局長(-1902年)
 1902年 大審院検事局次席検事(-1903年)
 1903年 大阪控訴院検事長(-1904年)
 1904年 東京控訴院検事長(-1907年)
 1907年 韓国法部次官
 1909年 統監府司法庁長(-1910年)
 1909年 統監府参与官
 1910年 朝鮮総督府司法部長官(-1913年)
 1913年 法制局長官(-1914年)
 1914年 貴族院議員(-1916年)
 1916年 帝室会計審査局長官(-1925年)
 1916年 東久邇宮宮務監督(-1920年)
 1920年 枢密顧問官
 1923年 枢密顧問官
 1925年 枢密院副議長(-1926年)
 1926年 枢密院議長(-1934年)
 1926年 男爵
 1936年 隠居
 1948年 死去
  父:倉富胤厚
  母:
  妻:広津ノフ(東京、広津弘信の長女)
    長男:倉富鈞
    二男:
    三男:倉富隆

◆倉富鈞
 1885年 誕生
 朝鮮銀行
 1936年 男爵襲爵
 1941年 貴族院議員(-1947年)
 産業組合中央金庫
 1977年 死去
  父:倉富勇三郎
  母:広津ノフ(東京、広津弘信の長女)
  妻:荒井フヂ(貴族院議員 荒井賢太郎の長女)
    長男:倉富幹郎
    二男:倉富英郎
    長女:倉富寛子(三井銀行 鈴木幹雄の妻)
    二女:倉富真子(岩垂孝一の妻)

◆倉富幹郎
 1917年 誕生
  父:倉富鈞
  母:荒井フヂ(貴族院議員 荒井賢太郎の長女)

◆倉富英郎
 1922年 誕生
  父:倉富鈞
  母:荒井フヂ(貴族院議員 荒井賢太郎の長女)



◆倉富隆
 1890年 誕生
  父:倉富勇三郎
  母:広津ノフ(東京、広津弘信の長女)
  妻:松岡ミチコ(福岡、松岡淳一の姉)
    長男:倉富逸雄
    二男:倉富好雄
    長女:倉富朗子(長崎、青木省三郎の妻)
    二女:倉富倫子

◆倉富逸雄
 1923年 誕生
  父:倉富隆
  母:松岡ミチコ(福岡、松岡淳一の姉)

◆倉富好雄
 1933年 誕生
  父:倉富隆
  母:松岡ミチコ(福岡、松岡淳一の姉)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です