重光家(重光葵の経歴・家系・家族)

◆重光彦三郎
  父:
  母:
  妻:隈井タネ(隈井範六の妹)
    養子:重光葵(重光直愿の二男)


◆重光葵
 1887年 誕生
 1929年 駐上海総領事(-1930年)
 1931年 駐中華民国特命全権公使(-1932年)
 1933年 外務次官(-1936年)
 1936年 駐ソビエト連邦特命全権大使(-1938年)
 1938年 駐イギリス特命全権大使(-1941年)
 1941年 駐中華民国特命全権大使(-1941年)
 1943年 外務大臣(-1945年)
 1944年 大東亜大臣(-1945年)
 1945年 貴族院議員(-1945年)
 1945年 外務大臣(-1945年)
 1945年 大東亜大臣(-1945年)
 1952年 衆議院議員(-1957年)
 1954年 外務大臣(-1956年)
 1954年 副総理(-1956年)
 1957年 死去
  父:重光直愿
  母:
  養父:重光彦三郎
  養母:隈井タネ(隈井範六の妹)
  妻:林喜恵(★日本信託銀行頭取 林市蔵の長女)
    長男:重光康一
    二男:重光篤

◆重光康一
 1924年 誕生
  父:重光葵
  母:林喜恵(★日本信託銀行頭取 林市蔵の長女)

◆重光篤
 1926年 誕生
  父:重光葵
  母:林喜恵(★日本信託銀行頭取 林市蔵の長女)
  妻:田村知律子(★田村駒商店社長 田村駒治郎の長女)


 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 新訂 政治家人名事典(明治~昭和)

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です