谷村家(谷村唯一郎の経歴・家系・子孫)▲

◆谷村谷秀
 1857年 誕生
  父:
  母:
  妻:しげ
    長男:谷村唯一郎
    男:谷村秀綱
    女:谷村テル(鹿児島、榊実浜の妻)


◆谷村唯一郎
 1887年 誕生
 弁護士
 1946年 司法次官(-1947年)
 1951年 最高裁判所判事(-1956年)
  父:谷村谷秀
  母:しげ
  妻:大草なか(東京、大草馨の姉)
    男:谷村暎一郎
    女:谷村恵美子

◆谷村暎一郎
 1921年 誕生
  父:谷村唯一郎
  母:大草なか(東京、大草馨の姉)


◆谷村秀綱
 1899年 誕生
  父:谷村谷秀
  母:しげ
  妻:伊都こ


 人事興信録 13版
 人事興信録 14版
 日本官僚制総合事典

 
 

三宅家(三宅正太郎の家系図・子孫)

◆三宅鉱太郎
  父:
  母:
  妻:
    養子:大藤甲造【三宅甲造】(岡山、大藤高雅の三男)


◆三宅甲造
 1861年 誕生
 1912年 海軍機関少将
 1924年 海軍少将
 1929年 死去
  父:大藤高雅
  母:
  養父:三宅鉱太郎
  養母:
  妻:栗原たけ(東京、栗原本孝の二女)
    長男:三宅正太郎
    二男:三宅二郎
    三男:三宅三郎
    長女:三宅二三(陸軍中将 武田秀一の妻)
    二女:三宅幸子(満州興業銀行総裁 富田勇太郎の妻)
    三女:三宅功子(男爵 伊集院虎一の妻)

◆三宅正太郎
 1887年 誕生
 1913年 判事
 1927年 大審院検事
 1929年 大審院判事
 1934年 東京地方裁判所長(-1935年)
 1935年 東京刑事地方裁判所長(-1935年)
 1935年 札幌控訴院長(-1937年)
 1937年 大審院部長
 1939年 長崎控訴院長(-1940年)
 1940年 司法次官(-1941年)
 1941年 大審院部長
 1945年 大阪控訴院長(-1946年)
 1946年 弁護士登録
 1946年 貴族院議員(-1946年)
 1946年 中央労働委員会会長(-1947年)
 1946年 公職追放
 1949年 死去
  父:三宅甲造
  母:栗原たけ(東京、栗原本孝の二女)
  妻:紅谷津也(千葉割引銀行頭取 紅谷四郎平の六女)
    男:三宅光夫
    三男:三宅洋
    長女:三宅ナカ子

◆三宅光夫
 1926年 誕生
  父:三宅正太郎
  母:紅谷津也(千葉割引銀行頭取 紅谷四郎平の六女)

◆三宅洋
 1930年 誕生
  父:三宅正太郎
  母:紅谷津也(千葉割引銀行頭取 紅谷四郎平の六女)



◆三宅三郎
 1902年 誕生
 農林省
 農林技師
  父:三宅甲造
  母:栗原たけ(東京、栗原本孝の二女)
  妻:山本富美子(横浜正金銀行 山本寛太郎の長女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 歴代国会議員経歴要覧

 
 

小山家(小山温の家系図・子孫)

◆小山轍太郎
  父:
  母:
  妻:
    長男:小山温


◆小山温
 1865年 誕生
 判事
 1907年 司法省監獄局長(-1911年)
 大審院検事
 1911年 司法省刑事局長(-1912年)
 1912年 司法次官(-1914年)
 衆議院議員
 弁護士
  父:小山轍太郎
  母:
  妻:蒔田ゑい(東京、蒔田広徳の長女)
    長男:
    二男:小山胖

◆小山胖
 1894年 誕生
 検事
  父:小山温
  母:蒔田ゑい(東京、蒔田広徳の長女)
  妻:河村賤子(河村勝次郎の四女)
    長男:小山誠
    長女:小山美子
    二女:小山葉子

◆小山誠
 1924年 誕生
  父:小山胖
  母:河村賤子(河村勝次郎の四女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典

 
 

河村家(河村譲三郎の家系図・子孫)▲

◆河村真秀
  父:
  母:
  妻:
    養子:不破譲三郎【河村譲三郎】(京都、不破確蔵の三男)


◆不破譲三郎【河村譲三郎】
 1859年 誕生
 1892年 前橋地方裁判所長
 1898年 大審院検事
 1903年 司法省民刑局長(-1906年)
 1906年 司法次官(-1911年)
 1906年 司法省監獄局長(-1907年)
 1912年 貴族院議員(-1930年)
 1930年 死去
  父:不破確蔵
  母:
  養父:河村真秀
  養母:不破ふみ(不破清警の伯母)
  妻:上田じゆん(東京、上田庸照の長女)
    長男:
    二男:
    三男:河村有恒
    四男:
    五男:河村有信
    女:河村総
    四女:河村悌(京城帝国大学教授 栗原一男の妻)
    五女:河村八重(判事 松山一忠の妻)
    養女:藤田とら【河村とら】(滋賀、藤田藤太郎の妹、藤田條太郎の妹、富山、大内弥高の妻)

◆河村有恒
 1891年 誕生
 公証人
  父:不破譲三郎【河村譲三郎】
  母:上田じゆん(東京、上田庸照の長女)
  妻:金森道(大倉土木取締役 金森鉦弥の二女)
    長女:河村美代


◆河村有信
 1905年 誕生
  父:不破譲三郎【河村譲三郎】
  母:上田じゆん(東京、上田庸照の長女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 歴代国会議員経歴要覧

 
 

小松原家(小松原英太郎の経歴・家系・子孫)▲

◆小松原荘二
  父:
  母:
  妻:
    長男:小松原英太郎


◆小松原英太郎
 1852年 誕生
 1880年 外務省御用掛
 1889年 埼玉県知事(-1891年)
 1891年 内務省警保局長(-1892年)
 1892年 静岡県知事(-1897年)
 1897年 長崎県知事(-1898年)
 1898年 司法次官(-1899年)
 1899年 内務次官(-1900年)
 1900年 貴族院議員(-1916年)
 1900年 内務総務長官(-1900年)
 1900年 内務省官房長(-1900年)
 1900年 大阪毎日新聞編集総理
 1901年 大阪毎日新聞社社長(-1903年)
 1908年 文部大臣(-1911年)
 1912年 東洋協会専門学校校長(-1919年)
 1916年 枢密顧問官(-1919年)
 1917年 斯文会会長
 1918年 皇典講究所所長
 1918年 国学院大学学長
 1919年 死去
  父:小松原荘二
  母:
  妻:木蔭喜知(岡山、木蔭久吉の妹)
    養子:小林健吉【小松原健吉】(栃木、小林染次郎の長男)
    養女:東野まつ【小松原まつ】(東野あかの庶子)

◆小林健吉【小松原健吉】
 1894年 誕生
  父:小林染次郎
  母:
  養父:
  養母:
  妻:隈キヨ(陸軍主計総監 隈徳三の長女)


 人事興信録 3版
 人事興信録 4版
 人事興信録 5版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 歴代国会議員経歴要覧

 
 

中村家(中村弥六の家系図・子孫)

◆中村元起
 高遠藩儒
  父:
  母:
  妻:
    男:中村弥六


◆中村弥六
 1855年 誕生
 1880年 大蔵省御用掛
 1883年 東京山林学校教授
 1886年 東京農林学校教授
 1890年 衆議院議員(-1902年)
 1898年 司法次官(-1898年)
 1908年 衆議院議員(-1912年)
 1929年 死去
  父:中村元起
  母:
  妻:清田ゆき(長崎、清田長秋の長女)
    長女:中村とき(中山久四郎【中村久四郎】の妻)
    養子:中山久四郎【中村久四郎】(中山信太郎の三男)

◆中山久四郎【中村久四郎】
 1874年誕生
 広島高等師範学校教授
 東京高等師範学校教授
 中山家に復籍
  父:中山信太郎
  母:
  養父:中村弥六
  養母:清田ゆき(長崎、清田長秋の長女)
  妻:中村とき(司法次官 中村弥六の長女)
    長男:中村明
    二男:中村正
    長女:中村二三子(★長野、南拓鳳梨社長 下田文一の妻、下田健吉)
  妻:中隈フミ(中隈輝雄の五女、中隈輝武の妹)

◆中村明
 1908年 誕生
  父:中山久四郎【中村久四郎】
  母:中村とき(司法次官 中村弥六の長女)

◆中村正
 1912年 誕生
  父:中山久四郎【中村久四郎】
  母:中村とき(司法次官 中村弥六の長女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典

 
 

高木家(高木豊三の家系図・子孫)

◆高木文右衛門
  父:
  母:
  妻:
    長男:
    二男:
    三男:
    四男:高木豊三


◆高木豊三
 1852年 誕生
 1884年 判事
 福島地方裁判所長
 大審院判事
 1896年 司法省民刑局長(-1898年)
 1898年 司法次官(-1898年)
 弁護士登録
 1900年 貴族院議員(-1918年)
 1918年 死去
  父:高木文右衛門
  母:
  妻:関口こう(東京、関口永益の長女)
    長男:高木健
    二男:高木逸雄
    長女:高木のぶ(京都帝国大学名誉教授 中西亀太郎の妻)
    養女:波多野婦美【高木婦美】(波多野正吾の妹、貴族院議員 平沼亮三の妻)

◆高木健
 1885年 誕生
 三菱銀行
 三菱信託
  父:高木豊三
  母:関口こう(東京、関口永益の長女)
  妻:中谷カツ(逓信次官 中谷弘吉の長女)
    長男:高木豊
    二男:高木哇
    三男:高木摂
    四男:高木亮
    長女:高木妙

◆高木豊
 1917年 誕生
  父:高木健
  母:中谷カツ(逓信次官 中谷弘吉の長女)

◆高木哇
 1919年 誕生
  父:高木健
  母:中谷カツ(逓信次官 中谷弘吉の長女)

◆高木摂
 1922年 誕生
  父:高木健
  母:中谷カツ(逓信次官 中谷弘吉の長女)

◆高木亮
 1926年 誕生
  父:高木健
  母:中谷カツ(逓信次官 中谷弘吉の長女)



◆高木逸雄
 1886年 誕生
 宮内省侍医
 三井生命保険
  父:高木豊三
  母:関口こう(東京、関口永益の長女)
  妻:米山愛(貴族院議員 米山梅吉の長女)
    男:高木馨
    女:高木花枝(明治鉱業社長 安川糺の妻)

◆高木馨
 1918年 誕生
 三井銀行
  父:高木逸雄
  母:米山愛(貴族院議員 米山梅吉の長女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 日本官僚制総合事典
 歴代国会議員経歴要覧

 
 

清浦家(清浦奎吾・清浦雷作の子孫・家系図)

◆清浦秀達
  父:
  母:
  妻:小島タミ(和歌山、小島命長の長女)
    長女:清浦錬(大久保奎吾【清浦奎吾】の妻)
    養子:大久保奎吾【清浦奎吾】(大久保了恩の五男)


◆大久保奎吾【清浦奎吾】
 1850年 誕生
 1876年 司法省入省
 1877年 検事
 1884年 内務省警保局長(-1891年)
 1891年 貴族院議員(-1906年)
 1892年 司法次官(-1896年)
 1896年 司法大臣(-1898年)
 1898年 司法大臣(-1900年)
 1901年 司法大臣(-1903年)
 1902年 男爵
 1903年 農商務大臣(-1906年)
 1905年 内務大臣(-1906年)
 1906年 枢密顧問官
 1907年 子爵
 1917年 枢密院副議長(-1922年)
 1922年 枢密院議長(-1924年)
 1924年 内閣総理大臣(-1924年)
 1928年 伯爵
 1942年 死去
  父:大久保了恩
  母:
  養父:清浦秀達
  養母:小島タミ(和歌山、小島命長の長女)
  妻:清浦錬(清浦秀達の長女)
    長男:
    二男:
    三男:清浦保恒
    四男:清浦奎吉【清浦敬吉】
    五男:清浦豊秋
    六男:清浦恒通
    七男:清浦保直
    八男:清浦末雄
    養女:服部静【清浦静】(熊本、服部義圓の妹、長野、小河滋次郎の妻)
    養女:河野崎【清浦崎】(東京控訴院判事 河野通倫の三女、宇都宮友枝の妻、産業組合中央金庫副理事長 菅野盛次郎の妻)

◆清浦保恒
 1883年 誕生
 三井物産
 九曜商会取締役
 熊本電気取締役
 1928年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:大森トシ(大森虎雄の長女)
    長男:清浦保敏
    二男:清浦慶二
    三男:清浦保正
    四男:清浦保久
    長女:清浦栄子(松浦素の妻)
    二女:清浦婦美(男爵 池田政之の妻)
    三女:清浦貞子(青木賢三の妻)

◆清浦保敏
 1910年 誕生
 1935年 三井物産入社
 1942年 伯爵襲爵
 日本証券保有常務
 日本特殊硝子工業社長
 1945年 日本繊維工業監査役
 日本繊維工業常任監査役
 日本繊維工業取締役
 1952年 日本繊維工業常務
 そごう常任監査役
  父:清浦保恒
  母:大森トシ(大森虎雄の長女)
  妻:坂内聡子(日本繊維工業社長 坂内義雄の長女)
    長男:清浦奎明
    長女:清浦千寿子(外務省 谷口光夫の妻)
    二女:清浦己知子(堀田恒雄の妻)

◆清浦奎明
 1940年 誕生
 1973年 横浜ゴム入社
 1996年 横浜ゴム取締役
 2000年 横浜ゴム常務
 2002年 横浜ゴム専務
  父:清浦保敏
  母:坂内聡子(日本繊維工業社長 坂内義雄の長女)
  妻:川上煦子(日本麦酒 川上友次の五女)
    男:清浦章吾
    長女:清浦恭子

◆清浦章吾
 1983年 誕生
  父:清浦奎明
  母:川上煦子(日本麦酒 川上友次の五女)



◆清浦慶二
 1912年 誕生
 1976年 死去
  父:清浦保恒
  母:大森トシ(大森虎雄の長女)
  妻:竹原えい子(竹原友三郎の長女)


◆清浦保正
 1918年 誕生
  父:清浦保恒
  母:大森トシ(大森虎雄の長女)
  妻:冨永敏子(冨永正太郎の長女)


◆清浦保久
 1920年 誕生
 1939年 死去
  父:清浦保恒
  母:大森トシ(大森虎雄の長女)



◆清浦奎吉【清浦敬吉】
 1886年 誕生
 1941年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:山浦ゆき(山浦作平の娘)



◆清浦豊秋
 1888年 誕生
 九曜商会監査役
 1952年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:又原銀子(又原太郎の姉)
    長女:清浦悠紀子(帆高雷作【清浦雷作】の妻)
    養子:帆高雷作【清浦雷作】(大審院検事 帆高寿一の二男)

◆帆高雷作【清浦雷作】
 1911年 誕生
 東京工業大学助教授
 東京工業大学教授
 東京工業大学名誉教授
 1998年 死去
  父:帆高寿一
  母:岡田キシ(広島、岡田朔二の長女)
  養父:清浦豊秋
  養母:又原銀子(又原太郎の姉)
  妻:清浦悠紀子(清浦豊秋の長女)
    長男:清浦忠光
    長女:清浦きく子(坂井啓介の妻)

◆清浦忠光
 1938年 誕生
 三井東圧化学
  父:帆高雷作【清浦雷作】
  母:清浦悠紀子(清浦豊秋の長女)
  妻:細谷京子(細谷大作の長女)




◆清浦恒通
 1891年 誕生
 1973年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:ツナ



◆清浦保直
 1894年 誕生
 1983年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:松本智恵(松本栄七の三女)



◆清浦末雄
 1898年 誕生
 1982年 死去
  父:大久保奎吾【清浦奎吾】
  母:清浦錬(清浦秀達の長女)
  妻:野村さた(衆議院議員 野村治三郎の二女)
    長男:清浦和夫

◆清浦和夫
 1928年 誕生
  父:清浦末雄
  母:野村さた(衆議院議員 野村治三郎の二女)


 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 19版
 人事興信録 28版
 人事興信録 37版
 人事興信録 42版
 現代物故者事典
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 歴代国会議員経歴要覧
 平成新修旧華族家系大成
 明治大正人物事典
 新訂 政治家人名事典(明治〜昭和)

 
 

箕作家(箕作麟祥・箕作阮甫・箕作奎吾・箕作秋坪の子孫・家系図)

◆箕作阮甫
 1799年 誕生
 1863年 死去
  父:
  母:
  妻:
    長女:箕作セキ(呉黄石の妻)
    二女
    三女:箕作つね(【箕作秋坪】の妻)
    四女:箕作しん(【箕作省吾】の妻)
    養子:【箕作秋坪】
    養子:【箕作省吾】


◆【箕作秋坪】
  父:
  母:
  養父:箕作阮甫
  養母:
  妻:箕作つね(箕作阮甫の三女)

    長男:箕作奎吾
    二男:箕作大麓【菊池大麓】(菊池の養子)
    三男:箕作佳吉
    四男:箕作元八
    女:箕崎直(東京帝国大学教授 坪井正五郎の妻)

◆箕作奎吾
  父:箕作秋坪
  母:

◆箕作佳吉
 1858年 誕生
 1882年 東京大学理学部教授
 1886年 東京帝国大学理科大学教授
 1897年 東京学士院会員
 1901年 東京帝国大学理科大学長(-1907年)
 1909年 死去
  父:箕作秋坪
  母:
  妻:五島やす(五島孝継の長女)
    長男:
    二男:箕作良次
    三男:
    四男:
    五男:箕作新六
    長女
    二女:箕作はな(吉阪俊蔵の妻、吉阪信)

◆箕作良次
 1885年 誕生
 日本郵船
 昭和スレート専務
  父:箕崎佳吉
  母:五島やす(五島孝継の長女)



◆箕作新六
 1893年 誕生
 東北帝国大学教授
 南満州鉄道参事
 1953年 死去
  父:箕崎佳吉
  母:五島やす(五島孝継の長女)
  妻:穂積寿賀子(貴族院議員 穂積八束の三女)
    長男:箕作佳夫
    二男:箕作秋次
    長女:箕作照子(上原康夫の妻)

◆箕作佳夫
 1923年 誕生
  父:箕作新六
  母:穂積寿賀子(貴族院議員 穂積八束の三女)

◆箕作秋次
 1925年 誕生
  父:箕作新六
  母:穂積寿賀子(貴族院議員 穂積八束の三女)





◆箕作元八
 1862年 誕生
 1892年 高等師範学校教授
 1893年 第一高等学校教授
 1902年 東京帝国大学講師
 1902年 東京帝国大学教授
 1919年 死去
  父:箕作秋坪
  母:
  妻:進ミツ(進十六の三女)
    長男:箕作秋吉
    二男:
    三男:箕作洋輔
    長女:箕作綾(甲野眼科医院長 甲野謙三の妻)
    二女:箕作縫子
    三女:箕作歌子

◆箕作秋吉
 1895年 誕生
 作曲家
 1971年 死去
  父:箕作元八
  母:進ミツ(進十六の三女)
  妻:俊子
    長男:箕作元秋
    二男:箕作豊秋
    三男:箕作光秋
    長女:
    二女:箕作美紗子

◆箕作元秋
 1926年 誕生
 信越化学
 1973年 信越半導体取締役
 1982年 信越半導体専務
 1985年 産業情報センター社長
 産業情報センター社長会長
  父:箕作秋吉
  母:俊子
  妻:長谷川万里子(長谷川徳三の二女)


◆箕作豊秋
 1928年 誕生
  父:箕作秋吉
  母:俊子


◆箕作光秋
 1932年 誕生
 三菱日本重工業
  父:箕作秋吉
  母:俊子



◆箕作洋輔
 1908年 誕生
  父:箕作元八
  母:進ミツ(進十六の三女)




◆【箕作省吾】
  父:
  母:
  養父:箕作阮甫
  養母:
  妻:箕作しん(箕作阮甫の四女)
    長男:箕作省一郎【箕作麟祥】

◆箕作省一郎【箕作麟祥】
 1846年 誕生
 1880年 東京学士院会員
 1880年 元老院議官(-1888年)
 1888年 司法次官(-1891年)
 1889年 和仏法律学校校長(-1897年)
 1890年 貴族院議員(-1897年)
 1891年 行政裁判所評定官
 1896年 行政裁判所長官(-1897年)
 1897年 男爵
 1897年 死去
  父:箕作省吾
  母:箕作しん(箕作阮甫の四女)
  妻:大前とを(静岡、大前寛信の三女)

    男:箕作祥三
    四男:箕作俊夫
    女:箕作操子(貴族院議員 長岡半太郎の妻)
    女:箕作さた(東京帝国大学名誉教授 石川千代松の妻)

◆箕作祥三
 1876年 誕生
 1897年 男爵襲爵
 1899年 死去
  父:箕作省一郎【箕作麟祥】
  母:

◆箕作俊夫
 1889年 誕生
 1899年 男爵襲爵
 1923年 死去
  父:箕作省一郎【箕作麟祥】
  母:
  妻:大島長江(陸軍大臣 大島健一の長女)
    長男:箕作祥一
    二男:箕作俊次

◆箕作祥一
 1920年 誕生
 1923年 男爵襲爵
 日本大学教授
 1968年 死去
  父:箕作俊夫
  母:大島長江(陸軍大臣 大島健一の長女)

◆箕作俊次
 1921年 誕生
 大日企業社長
  父:箕作俊夫
  母:大島長江(陸軍大臣 大島健一の長女)
  妻:森康子(森貫一の二女)


 人事興信録 初版
 人事興信録 4版
 人事興信録 8版
 人事興信録 13版
 人事興信録 19版
 人事興信録 37版
 日本紳士録 80版
 現代物故者事典
 日本官僚制総合事典
 日本近現代人物履歴事典
 歴代国会議員経歴要覧

 
 

司法次官

◆歴代司法次官一覧


(司法次官)
  01代 1886年-1888年 三好退蔵
  02代 1888年-1891年 箕作麟祥
  03代 1891年-1892年 三好退蔵
  04代 1892年-1896年 清浦奎吾
  05代 1896年-1898年 横田国臣
  06代 1898年-1898年 高木豊三
  07代 1898年-1898年 山田喜之助
  08代 1898年-1898年 中村弥六
  09代 1898年-1899年 小松原英太郎
  10代 1899年-1900年 波多野敬直
(司法総務長官)
  10代 1900年-1903年 波多野敬直
  11代 1903年-1903年 石渡敏一
(司法次官)
  11代 1903年-1906年 石渡敏一
  12代 1906年-1911年 河村譲三郎
  13代 1911年-1912年 平沼騏一郎
  14代 1912年-1914年 小山温
  15代 1914年-1921年 鈴木喜三郎
  16代 1921年-1924年 山内確三郎
  17代 1924年-1927年 林頼三郎
  18代 1927年-1931年 小原直
  19代 1931年-1934年 皆川治広
  20代 1934年-1935年 金山季逸
  21代 1935年-1937年 長島毅
  22代 1937年-1940年 岩村通世
  23代 1940年-1941年 三宅正太郎
  24代 1941年-1944年 大森洪太
  25代 1944年-1945年 黒川渉
  26代 1945年-1946年 坂野千里
  27代 1946年-1947年 谷村唯一郎
  28代 1947年-1948年 佐藤藤佐